やりたいことが見つかる「断捨離」

人生良くなる話

僕は今日朝から断捨離をしたんだけど、物を捨てていくと「これの新しいものがほしいな~」「結局使わなかったな~」と考えたりするので、自分にとって本当に必要なものが見えてくる。さらに昔使っていた物とかを見ていると「これ好きだったな~」「今度これやってみたいな!」と思うようにもなるので自分のやりたいことも見つかると思う。

 

捨てるときのポイントはモノを持った時にワクワクするかどうか、ときめくかどうかで判断して、ときめかないモノは捨てている。例えば僕だったら、今日断捨離していて樹脂粘土を持った時にまたキャラクターを粘土で作りたいなと感じたので残している。反対に、古びた靴が魅力を感じなくなってきたので捨てる予定にしている。捨てることで、また新しいのを買おう!とモチベーションにもつながるのでいいと思う。

 

断捨離についてはこんまり先生の本を読んでやるようになったんだけど、最近はyoutubeにある斎藤一人さんが語る断捨離の話が面白くてよく聞いている。斎藤一人さんの話の指3本に入るくらいに好きなお話です。僕はこの動画を聞くとすごく断捨離のモチベーションが上がるので、断捨離したいときに聞いている。

 

使わない物は捨てないと悪い波動が出る【斎藤一人】

↑「70万円のぞうり」の部分が面白い。(再生して1分くらいのところ)

 

断捨離は部屋も心もすっきりするし、楽しい。