プロフィール

僕「うるちゃん」の趣味や好きな事について紹介しています。

僕の好きな事と合う人ほど、このブログを読むのは楽しいと思います。見出しだけでも、サラッと見てみてください。

 

 

好きな事

昆虫が好き

僕は子供のころから昆虫が好きで、毎日虫取りに公園へ出かけたり、捕まえた昆虫を飼育・観察していました。

一番好きな昆虫はカマキリ。

小学生のころ、毎年カマキリを育てるのを6年間続けるくらい好きで、思い入れもすごいあります。カマキリはとにかくカッコいいんですよ!強敵が表れても、おびえずに捕らえてしまうところや、威嚇のポーズとか、この無敵感がたまらなく良い!

子供のころは、毎日虫取りに夢中だったので、一部の友達から昆虫博士と言われたりもしました。実際、一般的な昆虫の名前は大体覚えていて、道端で昆虫を発見するとすぐに名前を言い当てていたりしていたので、そこそこ博士だったのかなー?なんてw

 

また昆虫の飼育も好きで、モンシロチョウの幼虫・ナミアゲハの幼虫・カブトムシ・テントウムシ・エンマコオロギ・オンブバッタ・ミズカマキリ・コオイムシ・タイコウチ・ギンヤンマのヤゴ・クサギカメムシ・ダンゴムシ(虫じゃないけど)など数十種類ほど育てていました。

僕は昆虫を飼育している時、じーっと観察するのが楽しくて、2~3時間くらい飼育カゴから動かずに見ることができます。昆虫の思いもよらない行動を見れるのが、飼育していて面白いところです。

昆虫以外にも、メダカ・プラティなどの熱帯魚・ジャンガリアンハムスターを育てたこともあります。(犬とか羊とか大型の動物は、追い掛け回されるので苦手・・・)

 

大学の卒業研究でカメムシの臭いについて研究したのも、今となってはいい思い出です。はじめはカメムシの臭いが吐き気がするほどきつかったのですが、慣れてくると柑橘系の臭いがしてきて、意外といい匂いかも?と感覚がおかしくなりました(笑)

今はほとんど飼育や採集はしていませんが、散歩中に発見した昆虫を観察したり、カメラで撮影して楽しんでいます。

 

ポケモンが好き

僕はポケモンが大好きで、ピカチュウ版からずっとゲームをやり続けています。今800匹くらいポケモンの種類がいるのですが、(おそらく)全ての名前を言うことができます。

ポケモンは僕にとって人生の半分を占めていて、子供のころはポケモンをやって育ってきたといっても過言ではないように思う。

僕が特に好きだなと思うところは、好きなポケモンを自由に育て上げることができるところ。そしてポケモンボックスの存在です。

ポケモンボックスというのは、捕まえたポケモンを預けるところなのですが、そこでポケモンを色順に並び替えたり、番号順に並び替えたり、好きなカテゴリーで整理整頓できるところがすごく楽しいです。

 

またポケモンは、デザインがシンプルなのも好きなポイントです。もうデザインが洗練されていますよね。絵も描きやすいですし。

一番好きなポケモンはオオタチ。

最近はかわいいポケモンが好きだけど、子供のころはカブトプス、ルギアやエアームドなど、カッコいいポケモンの方が好きでした。

ツンデツンデやユレイドル、ドータクンといった変なポケモンも好きだったりします。

そういえば、僕が幼稚園の頃、短冊に「ポケモン博士になりたい」と願い事を書いたそうです。(昆虫博士ではなかったようだ・・・)

そして現在進行形でそうなりつつあるのかも!?

 

アニメが好き

きんモザとか日常系のかわいいアニメが好きです。

アニメが好きな理由は色があってキャラの線がシンプルなところ。マンガだとほとんどのページがモノクロなので、あまり魅力的に感じないんですよね。もちろん面白いマンガは読んだりもします。

 

絵を描くのが好き

子供のころからポケモンの模写をするのが好きで、ポケモンばかり描いてきました。

 

ポケモンの絵と言えば、

僕の小学生の頃には友達の周りで「めんこ」という遊びが流行っていて、学校の牛乳ビンのフタをめんこ替わりにして、めんこを叩いて裏返したら勝ちみたいな遊びをしていました。そのめんこは面が無地で味気がないので、みんなでそこにポケモンなどの絵を描いて、オリジナルめんこを作るのが流行っていました。僕はそこそこ絵を描けたので、「このポケモン描いてほしい」と言われ、友達のめんこに描いてあげたのはいい思い出です。

僕は学生の頃はポケモンの模写やらくがき程度でしか描いてきませんでしたが、20歳の時に自分のノートパソコンでデジタルイラストができると知り、「これで公式と同じようなポケモンの絵が描ける!」とわくわくしながらデジタルイラストを描き始めたのがきっかけです。

デジタルイラストは何より「簡単に色を塗れる」という点がすごく楽しくて、大学に通いながらも常に考えているのは”ポケモンの絵をどうしたら上手く描けるか?”と、妄想してました(笑)

僕がデジタルイラストでやりたかったことは、まるで公式のようなポケモンの壁紙をイラストで描いて、公式なのに自分しか持っていないポケモングッズを作ってみんなに自慢したかった。「このポケモンのトートバッグいいな~、どこで売ってたの?」僕「これ実は自分で描いたやつだから非売品だよ(キリッ」「マジでー!?公式のものかと思ったわw」みたいな。

 

ものづくりが好き

正直言うと、お絵描きより工作の方が楽しい。

そもそもイラストは、めんことか壁紙とかグッズ(工作物)を作るために描いている感じで、絵を描くこと自体がすごく好きなわけではないと思っています。

子供のころ一番はまっていたのは、「折り紙」です。折り紙で手裏剣を作って投げて遊ぶのが楽しかった。他にも折り紙で作る箱とか小物入れや財布なんかも折って作っていましたね。

こうして改めて考えると、やっぱり僕は工作で実用的なモノを作るのが好きみたいです。

 

レイアウト(整理整頓)するのが好き

一番好きな事は整理整頓です。

整理整頓というと、掃除をイメージすると思うんですが、僕のはちょっと違います。

僕にとっての整理整頓とは、パソコンのフォルダ整理とか、画像データに日付を付けてきれいに並べたり、撮った写真をカテゴリー分けするみたいなことです。この作業がとてつもなく楽しくて、気が付いたら5,6時間経っていた!みたいなこともよくあります。例えば、自分が持っているポケモンのBGMで、数百とある曲の中から厳選してポケモン夜カフェBGM集としてまとめたり、自分の絵をすべて時系列順に並べてポートフォリオとしてまとめたりしています。

 

レイアウトとしては、部屋のモノをきれいに並べて飾ったり、たまにイベント出展するので、当日までに見やすいレイアウトを試行錯誤したり、どうやって並べたら買ってもらえるだろうか?と考えて実践すしたりしています。

 

カスタマイズするのが好き

自分だけの便利なカスタマイズ方法を作り出すのが好きで、PC画面PhotoshopやCLIP STUDIOなど自分が納得いくまでカスタマイズしたりしてます。このブログページも、全体的に丸みを帯びたデザインにしたりして、こだわってカスタマイズしています。

 

引き寄せや波動について調べるのが好き

引き寄せや波動など、興味があって調べたりしています。本当にそんなことがあるのだろうか?と日常で実践しながら体験すると、新しい発見があって面白いです。

 

カフェに行くのが好き

カフェに行ってゆっくり本を読んだり、絵を描いたり、作業したりすると、とっても心が落ち着くので好き。カフェのレイアウトを見るのも好き。

 

料理が好き

これは一人暮らしをしているので、料理しているうちに好きになっちゃったパターンです。今のところはみそ汁と酢豚もどきが得意料理。手軽で一品物の男子料理というものが多いです。

 

嫌いな事

辛い物が嫌い

中辛以上のカレー、キムチ、ワサビ、唐辛子、ハバネロなど辛いもの全般がダメで、ちょっとでも辛いと食べられなくなります。

 

運転が嫌い

車の運転はできるけど、乗るのは好きではないですね。運転中は何も作業ができないのと、車自体のにおいが嫌いなので割と抵抗感があります。特にバスのにおいとか、もう臭うだけで気持ち悪くなっちゃいます。

 

香水の匂いが苦手

香水に限らず、化学製品全般の匂いが嫌です。アッ〇スとかフ〇ブリーズの匂いでさえもダメです。あの匂いのどこがいいのでしょうか?薬の匂いもあまり好きじゃないです。

多分僕はほかの人より臭いに敏感なんだと思います。

 

逆に、カブトムシの臭いやハムスターの臭いなど、

自然物の臭いは好きです。

 

リアクション・ノリつっこみが苦手

まあこれはリアクションとかノリつっこみをほとんどやったことがないので、できないというだけ。簡単に言えばまじめ。