鬱のきっかけはバイト先で頭ごなしに怒られたから。

僕は2年前に生活費を稼ぐためにファーストフード店のバイトを始めた。店内に植物があり雰囲気の良いお店で、バイトに行くのを楽しみにしていた。しかし、楽しいと感じたのはほんの2週間ほどということを、僕はその時知らなかった。

 

バイト始めたてはみんな優しく接してくれて、食器洗いやレジの取り方、ドリンクのつぎ方などを丁寧に教えてくれた。休憩中やお客さんが来ない時間帯はおしゃべりしたり笑ったりもできていた。

 

しかし、2週間を過ぎた頃、本格的にレジの対応やドリンクをするようになってから、僕のミスが目立ってきた。

 

ドリンクの入れ間違い、レジの打ち間違い、商品の渡し間違いなど。

 

最初はまああるもんだからという感じで「気をつけてね」と話してくれたが、それが23日に1回ミスるので、「もう、しっかりやって!」という感じに変わっていき、僕も自信を失っていった。

 

特に昼どきなど忙しい時間帯はずっと動きっぱなしで、レジ対応、ドリンクの用意、予約のお客様の確認、商品の袋詰め作業、テーブルへ料理を運ぶを同時にこなさなければいけない。どんだけミスらないようにとチェックしてても、勘違いを起こしミスが出てしまう。

 

時間とともにドリンクの注文がどんどん増え、注文順にモニターに表示されるも、僕は「えーっと、えーっと」とどれからドリンクを入れて良いか分からなくなり、狭いキッチンを右往左往していた。「何をやってるの!?」と早口で少し怒りながら、野球部系のガタイの良い高身長の中年の先輩が料理を手早く作りながら言ってくる。「早くコーラ入れて!」と大きな声で言ってくる。「はい!」と返事をしてドキドキ震えながら次々とドリンクを入れていった。

 

「お疲れ様です!」

 

忙しいバイトが終わった後、店長に呼ばれた。

 

「やっぱりミスが多いね。モニターしっかり見て、優先順位が高いものから段取りよくやって。」

「学生もできていることだよ!」

と注意を受けた。

 

僕には優先順位なんて分からない。レジ対応が最優先なのは分かる。でも、レジばかりしていたら、いっこうにドリンクが注げない!

やがて食器も溜まってくるから、食洗機も回さないといけない。一体どれからやればいいんだ!?と頭の中がぐるぐる回り、思考が停止する。先に食洗機を回してると「それはいいからドリンク入れて!」と言われ、先にドリンクを入れていると「先に食器片付けて!物が置けないでしょ!?」と怒られる。

 

僕はその時思った。

「このバイトは僕には合ってない。」

と。

 

僕はみんながどうして、周りの状況を判断して臨機応変に、こんなにテキパキと同時にこなせるのか、全然理解が出来なかった。

 

こうして、店長とガタイの良い野球部系の先輩に大きな声で怒られるという辛い日々が続いていくのであった。