簡単!全然言うことを聞いてくれない家族への対処法

人生良くなる話

こんにちは!

うるちゃんです。

 

つい家族が自分の嫌なこと

やってほしくないことをしていると

つい注意したくなると思っちゃいますよね。

 

  • 靴下が脱ぎっぱなしで洗濯機に入れてくれない
  • 夕ご飯の時にすぐ席についてくれない
  • 掃除や片付けの手伝いをしてくれないとか

 

家族がいうことを聞いてくれないと

思い通りにならなくて嫌な気分になるものです。

 

でも実は注意をされている方も、

嫌な気分になっているんです。

 

意外とそこに気づいていない人が多い。

 

1ヵ月に1回とかたまにの注意なら

大丈夫だとは思いますが、

 

  • 早く席についてー!
  • 脱いだものは洗濯物に入れてよー!
  • ちょっと手伝ってよー!とか

 

これを1日に何回も聞いていると

だんだんいやーな気分になってきて、

手伝いとかしたくなくなるんですよね。

 

注意されている人も、それをやったほうがいいのは

ちゃんと自分自身で分かっているんです。

 

分かっているのに、何回も言われると、

まるで自分が信じられていないというか、

自分のことを分かってくれてないという

嫌な思いが出てくるように思う。

 

信じられていないから手伝いもしたくなくなる。

そしてうっとおしい。

だいたい僕はそんな気分になっていますね。

 

全然やってくれないから、

何回も注意しているのに、

じゃあどうしたらいいの?

ということですが、

 

これに対しては解決法ではないですが、

その嫌な気分を和らげる対処法があります。

 

それは

諦めること

感謝すること

です。

 

順に追って説明しますね。

 

まずは諦めること

 

全然やってくれないなら、

諦めちゃえばいいんですよ。

 

家族で嫌な事や、やってくれないことがあれば、

そういう性格の人なんだから、仕方ないと諦めてみる

 

家族の嫌なところとか注意をしないでそのまま。

気にしないでほおっておく。

 

むしろ自分でやったりしたほうが

早く作業が済んだりとか、注意する労力もないので

だったりします。

 

そうするとちょっとは嫌な気分でいることも

少なくなると思います。

 

相手も注意をされなくなることで

嫌な気分にはならなくなるのでWin-Winですね。

 

 

そしてもう一つは感謝すること

 

家族に対して感謝できることを考えて言ってみること。

 

家族に対して注意したくなることはいっぱいあっても、

感謝することってあまりないと思います。

 

それをやることでかなり家族に

良い変化が出てくると思います。

 

「いつも私のご飯を食べてくれてありがとう」

「留守番してくれてありがとう」とか

 

簡単な事でいいので感謝を言ってみると、

言った本人もいい気分になるし、

言われた方もちょっとうれしい気分になる。

 

それを定期的に言っていると、

感謝をされた人はだんだん気分が良くなってきて、

 

毎日家事もやってくれているし、

感謝ばかりされるのも申し訳ないから、

ちょっとは手伝いでもしてみようかな?

 

という気持ちになっちゃうんですよね。

 

そうすると自然と嫌な事をしなくなったり

手伝ってもらえたりするようになっていくと思います。

 

注意を減らして、感謝を増やす。

これが一番ですね。

 

もし家族が自分にとって嫌なことをしているとか

全然いうことを聞いてくれない時は、

これを実践してみるのもいいと思いますよ。