虫歯になるのも悪くないなと思う話(メリット解説)

僕は虫歯になるとつくづく思うことがあって、虫歯って悪いもんじゃないなと思う。なぜなら、歯の痛みは今この瞬間に意識することができるから。1日中「あー歯が痛い、まだズキズキするなー。あ、今痛みが和らいだ!でもまた痛くなってきたー」と歯の痛さを感じながら今の現実に意識を集中できる。一点に集中するという点で、まるでながら瞑想をやっているようだ。

 

なぜ、今に意識を集中するといいのかというと、メンタル面が良くなるからだ。

 

メンタルが弱めの人は、人の言葉によって落ち込んだり、過去の嫌なことを思い返してうつ気味になったり、未来への不安とかをずっと頭で考えていて疲れてしまうということがよくあると思う。

 

そんなときに、虫歯になって痛みをずっと感じていたら、歯が痛いことばかり気にして今までの悩みを一時的に忘れることができる。すると脳が休まるので思考能力がスッキリ回復するのだ。さらに行動力まで上がる。今まで鬱で何もやる気がなかったのに、虫歯になると急に改善法をネットで調べたり、薬局に行ってみたり歯医者まで足を運ぶ人もいる。なんとかして行動して虫歯が治ったときには、悩んで行動していない時より100倍達成感があって気持ちがいいと思う。

 

だから虫歯になるのは悪いもんじゃないと思う。